新宿ラクル美容外科|フラーレンとは

昔から美人の条件として肌の色が白いという事があげられます。そこで、最近注目されているのがフラーレンと言う成分です。フラーレンとはダイヤモンドと同じ炭素同素体で、炭素原子60個が球状に配置されたサッカーボール状の球状物質です。そして、このフラーレンが美容成分としての有用性が極めて高いことが見出されました。フラーレンは、ビタミンCの125倍もの抗酸化力、美白作用や保湿作用が働いています。

このことから美白効果はもちろん、その他にも紫外線防御、炎症緩和(赤ら顔抑制)、アクネ治療、毛穴引締め、アトピー抑制、アンチエイジング、シワ抑制、皮脂酸化抑制、セルライト抑制などに期待出来ます。現在ではこのフラーレンの成分が配合された化粧品も多く販売されています。化粧品原料として化粧品工業会に登録され、副作用がないことも確認されているので、安心して使う事が出来ます。新宿ラクル美容外科はこのフラーレンがもっと有効に活用される事に期待しています。

新宿ラクル美容外科クリニック 関連記事

Bookmark and Share