新宿ラクル美容外科が語る肌の善玉菌

新宿ラクル美容外科が肌の善玉菌と悪玉菌についてお話します。
善玉菌・悪玉菌といえば思い浮かべるのは腸。悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなるとよくいいますよね。実は顔にも善玉菌と悪玉菌は存在するのです。顔を洗いすぎると善玉菌が減り、吹き出物など肌のトラブルが増えます。悪玉菌は黄色ブドウ球菌、善玉菌は表皮ブドウ球菌です。弱酸性が肌に良いとされる理由は、善玉菌である表皮ブドウ菌が住みやすい環境だからです。肌を洗いすぎたり、過剰なお手入れをすると善玉菌が力を発揮することができません。ゴシゴシ洗わずに泡で洗うようにしましょう。

新宿ラクル美容外科クリニック 関連記事

Bookmark and Share