アルコールで肌が垂れる危険性|新宿ラクル美容外科

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。お酒は適量であればストレス発散などになりいいのですが、やはり飲みすぎるとお肌に悪影響を及ぼしてしまいます。アルコールには利尿作用があるため、飲みすぎると乾燥肌になってしまいます。その結果としてしわが増えてしまいます。また、乾燥によって針の失われたお肌になってしまいます。そして、弾力性がなくなってしまいますので、お肌が垂れる危険性もあります。しかも、目の下の皮が下がってきたり、首回りの皮が垂れ下がってしまったりと、目立つところに影響してしまいます。飲酒は適度にしましょう。

新宿ラクル美容外科クリニック 関連記事

Bookmark and Share