新宿ラクル美容外科|美白に効くビタミンはCだけ?

新宿ラクル美容外科が教える美白に効くビタミンは?
シミやくすみ知らずの白い肌へ導くビタミンと言えば、Cというのが一般的です。メラニンや活性酸素を抑制し、コラーゲンを生成し、傷ついた細胞の修復もするまさに美白肌のためのビタミンといっても過言ではありません。ただ、肌の美しい白さに有効なビタミンはCだけではありません。ビタミンEも効果を発揮します。ビタミンEは、新陳代謝を高め、肌の酸化を防ぐ作用があります。また、ビタミンCの働きもサポートするので、Cの単体よりもEとの併用の方が望ましいとされています。ビタミンCとEがどちらも豊富に含まれている食材は、煎茶と抹茶の茶葉、モロヘイヤです。マルチビタミン、もしくは個別でのサプリメント摂取もオススメです。さらなる白肌を目指すのであれば、肌がターンオーバーする三か月後の変化を目安に、ビタミンCとEを一緒に摂ってみられてはいかがでしょうか。

新宿ラクル美容外科クリニック 関連記事

Bookmark and Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です