新宿ラクル美容外科|くもりの日の日焼け

新宿ラクル美容外科では、くもりの日でも日焼け対策をすることをおすすめしています。夏の暑い日差しの下では、多くの人が日焼け対策をしていることでしょう。よく晴れた日は、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりしている人を見かけます。しかし、曇りの日は、紫外線が弱いと思い込んで日焼け対策をしていない人も多いのです。実は、曇りの日も紫外線が強くなると言われているので、曇りの日でも日焼け対策をしなければならないのです。日差しが強くないからといって、日焼け対策を怠ることのないように気をつけましょう。これがシミを作らない紫外線対策です。

新宿ラクル美容外科|洗顔料

新宿ラクル美容外科は、洗顔料をしっかりすすぐことをおすすめしています。

毎日の洗顔は、欠かせませんよね。洗顔は毎日必ず行っているという人が多いので、特に意識することなくただの作業のようになっている人もいるかもしれません。いつのまにか、洗えばいいとうような感覚になり、しっかりすすげていないということはありませんか?

洗顔料は、少しでも残っていると肌トラブルの原因となります。シャワーをがんがん浴びるのではなく、できればぬるま湯を手ですくってすすいでみてください。回数でいうと30回ほどです。肌は擦ると弾力を失い硬くなります。気を付けてすすぎをしましょう。

新宿ラクル美容外科|毎日の洗顔

新宿ラクル美容外科は、毎日の洗顔が美肌を保つ秘訣だと考えています。お風呂に入ると必ず洗顔するでしょう。洗顔料は、肌に合ったものを使いましょう。

そして、洗顔料は良く泡立てて使うことがポイントです。ふわふわの泡で優しく撫でるように洗いましょう。優しく洗顔をしたら、次はすすぎです。肌に泡が残っていると、吹き出物の原因となりかねません。このすすぎの時も、ゴシゴシこすることは厳禁です。ぬるめのお湯で丁寧にすすぎます。生え際や小鼻周りなど、泡が残りやすい部分はより丁寧にすすぎます。洗顔を丁寧にするだけで、お肌の調子が違いますよ。試してみてください。

新宿ラクル美容外科|日焼けにご注意

日焼け対策はされてますか?新宿ラクル美容外科が日焼け対策を教えます。

紫外線によるシミ・そばかすは、メラニン色素が皮膚表面に押し上げられ定着することによって現れます。シミやそばかすを防ぐには日ごろからきちんと紫外線対策をすることが重要です。まず、日焼け止めですが顔だけではなく腕や足にもきちんと塗りましょう。若いうちはいいですが、年を取ると腕や足にもシミが出てきてしまいます。長時間、外出する際はつばの広い帽子か、日傘を使いましょう。首筋や胸元の日焼けを防ぐことができます。

最近では、UV素材のカーディガンやストールなども販売されています。長時間外にいるときは活用すると紫外線対策として有効です。

新宿ラクル美容外科|正しい化粧水の使い方

正しい化粧水の使い方を、新宿ラクル美容外科がご紹介いたします。

化粧水はただバシャバシャつければ良いというものではありません。適量を正しい方法でつけなければなりません。化粧水をつける方法としてはコットンを使用する方法と手のひらで直接つける方法があります。コットンを使う場合には、先にコットンが毛羽立っていないかどうか確認してください。コットンが毛羽立っていると肌を傷める可能性がありますので、コットンはいつも新しいものを使って、使い回すことのないようしましょう。

まず片手にコットンを乗せて、指ではさんで固定します。そしてコットンの裏側まで化粧水をたっぷり染みこませます。次に、顔の内側から少しずつ外側に向かうように、軽くコットンで抑えるような感じでパッティングします。肌がたっぷり化粧水を含み、ひんやりとするまで続けましょう。手のひらを使う場合は、化粧水を500円玉くらいの大きさを目安に手に取ります。そして化粧水がこぼれ落ちないように気をつけて、両手で顔全体に伸ばし、パッティングしていきます。この時、両方の手のひらで円を描くようにしながら、軽く押し込むようになじませることと、顔の中心から外側へと徐々に広げるように伸ばしていきます。

あとは、化粧水をムラなくつけ終えるまで、この手順を繰り返します。以上が化粧水の正しい使い方ですので、是非試してみてください。