喫煙が老化を促進させる理由

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
今回は、喫煙がなぜ老化を招くのかをご説明しましょう。

たばこに含まれているニコチンは、毛細血管を収縮させてしまいます。
毛細血管は栄養を体中に送る大切な器官です。
その毛細血管がニコチンによって収縮させられると、皮膚に栄養がいかなくなり老化を進めてしまいます。

また、ニコチンはビタミンを破壊するのでシミができやすくなってしまうほか、女性ホルモンの分泌を抑えてしまい、肌の潤いやハリを失うことにもなります。