大人の脂性肌を適切にケアする

思春期を過ぎても顔の脂浮きが激しく、午前中の間に化粧崩れを起こしてしまう…。
大人の脂性肌ならではの悩みです。

あぶらとり紙を頻繁に使ったり、日中洗顔し直したりする方もいらっしゃるようですが、却って皮脂の増加を招いてしまいます。
新宿ラクル美容外科が、脂性肌の適切なケアをご紹介いたします。

まず、洗顔は朝と夜の2回のみです。
サッパリ系の洗顔剤が良いですが、スクラブ入りのものは肌を傷つけ吹き出物を誘発しやすくなります。

大事なのはキメが細かく緻密な泡です。
専用のネットで泡をたっぷりつくり、やさしくマッサージしながら洗い流してください。

洗顔後のスキンケアは、水分補給がポイントとなります。
水分が不足すると、肌を保護しようとますます皮脂が分泌されるからです。

ノンアルコールで油分が少なくとも、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が充実している化粧水が製品化されています。
大人の脂性肌に最適なので、選択をお勧めします。

化粧水のあとはサッパリ系の乳液で肌にフタをし、水分を閉じこめることも忘れないでください。