洗顔料

新宿ラクル美容外科は、洗顔料をしっかりすすぐことをおすすめしています。

毎日の洗顔は、欠かせませんよね。
洗顔は毎日必ず行っているという人が多いので、特に意識することなくただの作業のようになっている人もいるかもしれません。
いつのまにか、洗えばいいとうような感覚になり、しっかりすすげていないということはありませんか?

洗顔料は、少しでも残っていると肌トラブルの原因となります。
シャワーをがんがん浴びるのではなく、できればぬるま湯を手ですくってすすいでみてください。

回数でいうと30回ほどです。
肌は擦ると弾力を失い硬くなります。気を付けてすすぎをしましょう。

毎日の洗顔

新宿ラクル美容外科は、毎日の洗顔が美肌を保つ秘訣だと考えています。
お風呂に入ると必ず洗顔するでしょう。
洗顔料は、肌に合ったものを使いましょう。

そして、洗顔料は良く泡立てて使うことがポイントです。
ふわふわの泡で優しく撫でるように洗いましょう。
優しく洗顔をしたら、次はすすぎです。
肌に泡が残っていると、吹き出物の原因となりかねません。

このすすぎの時も、ゴシゴシこすることは厳禁です。
ぬるめのお湯で丁寧にすすぎます。

生え際や小鼻周りなど、泡が残りやすい部分はより丁寧にすすぎます。
洗顔を丁寧にするだけで、お肌の調子が違いますよ。
試してみてください。

日焼けにご注意

日焼け対策はされてますか?
新宿ラクル美容外科が日焼け対策を教えます。

紫外線によるシミ・そばかすは、メラニン色素が皮膚表面に押し上げられ定着することによって現れます。
シミやそばかすを防ぐには日ごろからきちんと紫外線対策をすることが重要です。

まず、日焼け止めですが顔だけではなく腕や足にもきちんと塗りましょう。
若いうちはいいですが、年を取ると腕や足にもシミが出てきてしまいます。

長時間、外出する際はつばの広い帽子か、日傘を使いましょう。
首筋や胸元の日焼けを防ぐことができます。

最近では、UV素材のカーディガンやストールなども販売されています。
長時間外にいるときは活用すると紫外線対策として有効です。

正しい化粧水の使い方

正しい化粧水の使い方を、新宿ラクル美容外科がご紹介いたします。

化粧水はただバシャバシャつければ良いというものではありません。適量を正しい方法でつけなければなりません。
化粧水をつける方法としてはコットンを使用する方法と手のひらで直接つける方法があります。
コットンを使う場合には、先にコットンが毛羽立っていないかどうか確認してください。
コットンが毛羽立っていると肌を傷める可能性がありますので、コットンはいつも新しいものを使って、使い回すことのないようしましょう。

まず片手にコットンを乗せて、指ではさんで固定します。
そしてコットンの裏側まで化粧水をたっぷり染みこませます。
次に、顔の内側から少しずつ外側に向かうように、軽くコットンで抑えるような感じでパッティングします。
肌がたっぷり化粧水を含み、ひんやりとするまで続けましょう。

手のひらを使う場合は、化粧水を500円玉くらいの大きさを目安に手に取ります。
そして化粧水がこぼれ落ちないように気をつけて、両手で顔全体に伸ばし、パッティングしていきます。
この時、両方の手のひらで円を描くようにしながら、軽く押し込むようになじませることと、顔の中心から外側へと徐々に広げるように伸ばしていきます。

あとは、化粧水をムラなくつけ終えるまで、この手順を繰り返します。
以上が化粧水の正しい使い方ですので、是非試してみてください。

美肌になる為の習慣

美肌を作る為には、美肌になるための良い習慣を身に付ける事が一番だと思います。そこで、新宿ラクル美容外科が美肌に良い食事を紹介します。

美肌を作る上で欠かせないのが睡眠と栄養素です。睡眠だけではなくこの栄養素もしっかりと摂る事が美肌を作る為には大事なのです。
肌を成長させるために必要な栄養素はタンパク質やビタミン、ミネラルなどです。

この栄養素を普段の食事に取り入れる習慣を付ければ、知らず知らずの内に肌が美しくなっていく事でしょう。
是非とも普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

にきびや吹き出物の原因

みなさんはにきびや吹き出物がどんな事により出来るかを知っていますか?
新宿ラクル美容外科がどんな時ににきびや吹き出物が出来るのかを紹介したいと思います。
にきびや吹き出物は脂質や糖質のとり過ぎ、ビタミン不足、生理前や睡眠不足などによりホルモンバランスの崩れる事によって、過剰に分泌された皮脂が、古い角質や汚れとともに毛穴に詰まってしまい、そこに細菌が感染して炎症を起こす事により出来てしまうのです。
原因が分かれば、その対処法もわかるという事です。にきびや吹き出物を防ぐには、ビタミンを摂ってしっかり眠るこれだけでも十分に予防になりますので、普段の生活で心がけるようにしてみてはいかがでしょうか?

健康な肌とは

健康的できれいな肌を保つためには日々のスキンケアが大切になります。
しかし、その前に今現在の自分の肌の健康状態がどのような状態なのかを知る必要があります。
そこで、新宿ラクル美容外科クリニックが健康な肌の条件を紹介します。

  1. 肌にハリがある。(皮膚に弾力がある。)
  2. 肌がしっとりしている(適度に水分が蓄えられている)
  3. 肌がみずみずしくて、血色が良い(毛細血管の血行が良い)
  4. 肌のキメが整っている(細胞が規則正しく生まれ変わっている)。

これらの条件を満たしていれば、健康な肌と言えるでしょう。しかし、この条件を満たしていなければ健康な肌とは言えないので何らかの対策が必要になります。是非一度自分の肌をチェックしてみてはいかがでしょう?

美肌と睡眠

美肌になる為にはどんな事をすればよいのでしょうか?食事やお肌のケアなど色々ありますが、まずはしっかりと睡眠をとるという事が大事です。そこで、今日は新宿ラクル美容外科クリニックが睡眠について紹介したいと思います。

睡眠と美容には深い関わりがあります。例えば、夜更かしが続いたりすると肌荒れになったというような経験をした事がありませんか?
睡眠にはゴールデンタイムと言われる時間帯があります。その時間帯は22時~夜中の2時です。良質な深い眠りを得るためのメラトニンと、肌の修復には欠かせない成長ホルモンの分泌のピークになるのがこの時間帯なのです。
このことからお肌の為にも、日頃からどんなに遅くても夜中0時には寝るように心がける事が美肌への第一歩です。