紫外線対策は年中無休

新宿ラクル美容外科です。
たくさんの患者様から色々なお悩みをお聞きしますが、中でも多いのが「お肌」についてです。

年齢を重ねたり、過去の日焼けの影響で、シミ・シワ・くすみでお悩みの方が多くいらっしゃいます。
当院では、そういったお肌のトラブル予防のためにも、紫外線対策を徹底することをお勧めしております。

紫外線による日焼けはシミだけではなく、シワやたるみも引き起こします。
日焼け止めや日傘と言えば夏のイメージがありますが、本当は1年を通して紫外線対策をして頂くのが理想です。
今は化粧下地に日焼け止め成分が入っているものが多く販売されています。

お化粧に取り入れてしまえば、1年を通して紫外線対策出来ますね。
綺麗なお肌のために、紫外線対策を見直してみてください。

美肌の為のUVケアのお話

新宿ラクル美容外科クリニックから、美肌を守る為のUVケアについてお話します。
紫外線は、対策をせず浴びる事でダメ-ジを蓄積して行き、シミやシワ、たるみなどのお肌の老化を早めて行きます。

その為美白を保つ為には、UVケアが重要になりますが、日焼けをするのは夏の暑い季節だけではありません。
紫外線は冬でも、曇った日などでも季節に関係なく毎日降り注いでいます。

その為美肌を守る為には、一年中ト-タルで紫外線の対策をする事が大切です。
新宿ラクル美容外科クリニックからの美肌の為のお話でした。

皮脂分泌を正常にする

新宿ラクル美容外科からの、美容のお役立ち情報をお送りします。
美肌をつくるために、皮脂分泌を正常にする必要があります。

ビタミンB群が不足してしまうと、脂質の代謝が悪くなって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
過剰に皮脂が分泌されると、皮脂が酸化し、毛穴の黒ずみの原因になってしまうのです。

ビタミンB群を積極的に摂取しましょう!
ビタミンB2を摂取するには牛・豚肉、鯖、納豆、アーモンド、レバー、うなぎがいいです。
またビタミンB6は、レバー、豆腐、さつまいも、いわし、にんにく、鮭、卵が良いでしょう。

ビタミンCで美肌

新宿ラクル美容外科はビタミンCで美肌をすすめています。
美肌を目指す人は食事からサプリから摂取しています。

肌の老化を予防したり、免疫をアップさせる働きがあります。
コラーゲンの生成を補助する役割も担っているのでビタミンCがなければ合成がうまくいかずコラーゲンを作り出すことが出来ません。
肌にいいものの代表としてあげられていますが、摂取しすぎるとお腹を下してしまうこともあるので1日の推奨摂取量は100mgを目指すようにしましょう。

新宿ラクル美容外科の美肌情報

こんにちは、新宿ラクル美容外科の美肌のための情報ブログです。
今日はスキンケアの中でも重要な「メイクオフ」についてです。スキンケアで大切なのは、しっかりとメイクを落とすということです。
疲れていたり、面倒だとメイク落としをさぼってしまいがちですが、そうすると毛穴がつまる原因となります。

できれば帰宅したらすぐにメイクを落とします。
そして洗う際には、熱いお湯であらうとシミやしわの原因となるので、ぬるま湯で洗います。

セルフ脱毛の間違い

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
足の脱毛に力を入れる方はたくさんいらっしゃるでしょう。

自分で処理する方も多いとおもいます。
自分で処理する場合は、剃刀の扱いに気を付けて行いましょう。

間違った方法をしてしまうと埋没毛などを引き起こしてしまいます。
ピンセットで一本一本抜くのはやめましょう。

肌の一部を無理に引き抜くことで炎症や色素沈着の恐れがあります。
剃刀を使う場合は生えている方向と同じ方へ(上から下へ)剃っていきましょう。

逆剃りは肌への負担が大きくなります。
また、ボディソープや石鹸を泡立てて使うのもお勧めしません。

特にボディソープには界面活性剤が含まれており、肌が弱くなっています。
そんなお肌に剃刀を当てるのはNGです。

顔の産毛処理

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
顔の産毛を剃ると、化粧ののりや持ちも上がります。

また、肌がどれだけ綺麗でも、産毛の色や影で暗くくすんで見えてしまいます。
しかし、処理の仕方を間違えると、毛穴の黒ずみの原因になる等、トラブルにも発展しやすくなります。

正しい方法で処理していきましょう。
産毛を剃るときにやってしまいがちなのが、産毛の生えている向きと逆に剃ってしまうこと。

逆剃りは肌を傷つけてしまう可能性があります。
また、力を入れてしっかりと剃ろうとしてしまうのもNGです。

あまり力を入れすぎると角質も取れすぎてしまい、肌の防御機能が働き、返って角質が厚くなってしまいます。

首のしわ対策

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
年齢とともに気になってくるのが首のしわです。

首には年齢が出るとも言われるほど大切な部分ですので、きちんとケアをしましょう。
まず大切なのは、日頃から顔と同じくクリームを塗り保湿をしてあげることです。

その際に「天窓(てんそう)」というツボを軽く刺激しましょう。
耳の下から首筋に繋がる太い筋肉(胸鎖乳突筋)の後ろ側に天窓のツボがあります。

首のしわを解消するには枕も大切です。
体に合わない枕を使用していると深いしわができてしまい跡になってしまうので、注意が必要です。

目元のたるみは眼輪筋エクササイズで解消

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
目元のたるみが気になるという方は、目の筋肉である眼輪筋のエクササイズをしてみましょう。

まずはウォーミングアップです。
5秒かけてゆっくり息を吸い、5秒息を止め、5秒かけてゆっくり吐き出します。

これでウォーミングアップは完了です。
そして、目を右回りと左回りにぐるりと回しましょう。

なるべく大きく動かし、右回りと左回りを3回ずつ行います。
気になった時にいつでもしていただけますが、お風呂上りが特に効果的です。

ぱっちり目をつくる

新宿ラクル美容外科の美肌情報です。
オフィスでパソコン画面とにらめっこ、自宅ではテレビやDVD鑑賞、そして寝る前にスマートフォンのチェック。

そのような状態が続けば、目の周りの筋肉は凝り固まってしまいます。
このコリをほぐしてあげれば、個人差はありますがぱっちりとした目を取り戻すことができます。

重点的に目の周りをマッサージしましょう。
眉間から眉尻に沿ったラインを軽く押しながらマッサージをしていきます。

同じように目頭からこめかみに向けて軽くマッサージをします。
各5回ほど繰り返しましょう。

ただし、強く押しすぎると眼球を傷つけてしまう恐れがありますので優しく、回数も5回ほどに留めておきましょう。